『あるノマドの伝説』は人生の真の本質を探求する物語です。様々な文化的な概念および現代に生きる哲学を通して、運命という概念を明らかにする、魅惑的な旅行記です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 『明晰な声』は存在に関する問いを扱った小説です。この小説は、確かでポジティヴな影響を与えるためには、自分の真の可能性を追求して、あらゆる形の交換と変化を検討する必要があるという考えを提示しています。この書はわれわれが自身や他者、自然、宇宙を動かすエナジーと調和して生きるために、自分の秘めた可能性を発達させながら現代をうまく生きることの手助けとなるでしょう。